自然に人が集まるおおらかな家~神戸市K様邸:新築【施工例】~

桧のいい香りに包まれた 家族のやすらぎ空間
健康と自然素材にこだわった注文住宅
思いっきり深呼吸したくなる気持ちがいい家です。

ハウス物語 第2号より
ハウス物語 第2号より

場所:神戸市垂水区
家族構成:夫婦・子供2人
敷地面積:125.59㎡
延床面積:129.17㎡
竣工:2004年7

1階平面図
1階平面図


















2階平面図
2階平面図

 













 



外壁は珪藻土塗。
K様邸のみならず、まわりの空気もキレイに。

Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura



















s-2286-2


 玄関を入ると桧空間の始まりです。
玄関収納は桧のオーダー家具。 

Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura


























内玄関の奥にもう一つの内玄関が…。
たっぷりの収納と土間で、玄関や外まわりもすっきり。

 Kさまより…
   土間は、大工スペースや子供の遊び場にも…
   勝手口感覚の出入口として、
   また多数の来客時にも活躍。
   収納スペースには、コートから子供たちの
   遊び道具迄さまざまなモノが納まります。

2004_0705画像0044
















 

 



ご家族もお客様も心地いいLDK。
床や建具は桧、壁・天井は珪藻土塗です。
床下には炭を敷きつめています。

Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura

 




Kさまより…LDK空間の質は?
  
床の桧はキズもヨゴレも
  目立たないし、気にもなりません。
  お手入れも普段は掃除機のみ。
  壁と天井の珪藻土のおかげか、
  寒い時期よく聞く結露もありません。




Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura
















 

Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura



























2004_0705画像0005-2

和室の天井は杉板貼、寝室にやさしい素材です。
家を包む断熱材や収納の内部の仕上材も杉の樹皮からできた素材です。
1階の中心にはFSCの桧の大黒柱。すごい存在感です。

 Kさまより…和室ならではの…
   寝転んで見る天井の杉も
   とてもいい感じ。
   押入と階段下の収納で
   たくさんものがスッキリと
   納まります。




DSC02295



 












2004_0705画像0047

 



1階の中心にはFSCの桧の大黒柱。
すごい存在感です。

 Kさまより…大黒柱
   お気に入りです!
   子供たちにも
   「これは大切なもの」
   と常々言ってあります。





 キッチンは桧のオーダーメイド。
奥様のこだわりがカタチに。
背面にはしまいやすく取り出しやすい奥行の造り付収納もあり、
とても使いやすいご様子です。

2004_0705画像0033

  



 Kさまより…桧のシステムキッチンって
         お手入れ大変?
   全然!
   床のお掃除ワックスをかける時、
   まずキッチン扉から…
   それだけです。








2004_0705画像0011

 





















Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura



















2004_0705画像0028







   洗面の鏡やトイレの腰板にも桧を使っています。









 




2004_0705画像0014
























2004_0705画像0013
























2004_0705画像0006






















階段も桧。踏み面には節のあるもの、蹴込板は無節、
表情の違いで安全性に配慮しています。

 Kさまより…階段
  緩やかな傾斜でモノを持っての
  上り下りもラクチン。
  階段で奏でるライアーの響きがとてもいい♪

  という嬉しい発見も。

2004_0705画像0027























2004_0705画像0016

 





















2階のフリールーム。お子さんのお友達が大勢集まっても広々。
奥様も弾かれるライアーのコンサート会場にもなります。

子供部屋はゆくゆく間仕切ることを考慮しています。
お子さまの成長も見据えた家づくりです。

 Kさまより…成長していく子供部屋とフリールーム
  お友達と遊び道具をひろげるのは子供部屋限定。
  広いフリールームでは走り回っています。
  子供部屋の家具は成長に応じて手作りしています。

Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura
















 

Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura

 














Photo:Takayuki Kitamura
Photo:Takayuki Kitamura

 

 

 

 

 

 

 

 


 



 
Kさまからのメッセージ
  子供のアトピーもあり、自然素材にこだわった家をつくりましたが、
  気持ちいいものは、やはり誰にとっても気持ちいいものだと実感しています。
  また、私達の希望を遠慮せずにすべて言えたことは、本当に恵まれていたと思います。
  設計士の方も くにけんさんも「Kさんの家ですから」とその希望に応えて下さり、
  私達ならではの家になりました。3年経った今も心地良く暮らしています。

                        初出※:情報誌Wing vol.34 株式会社くにけん発行
                              ※本文中の「Kさまより…」のコメントも含む 

 
K様の家づくりの想い、住んでみてのご感想をご紹介しています。
【家づくり体験記】ただ今、ヒノキの家づくり進行中!~神戸市K様:新築~
【家づくり体験記】ヒノキの家に住んでみて~神戸市K様:新築~


初出:2009年12月23日

これからのふたり暮らしをここで・・・神戸市M様邸:新築【施工例】

IMG_2287














場所:神戸市垂水区
家族構成:夫婦
敷地面積:148.29㎡
延床面積:104.33㎡
竣工:2009年9月

1
1階平面図

2階平面図
2階平面図



100_5702





















お友達やご家族、いつの間にか人が集まるお家。
Mさまご夫婦のお人柄ですね。

そして、もちろん新しいお家にも
皆が集まって過ごす時間を楽しみたい、と希望されました。

ご主人が過ごされる時間
奥様が過ごされる時間
ご夫婦で過ごす時間
皆で過ごす時間

それぞれに過ごす時間と、ご夫婦の暮らしに添った間取の
注文住宅です。

IMG_2141














ご夫婦一緒に、景観園芸学校に通いガーデニングを学ばれたMさま。
お庭の植栽プランはこれから自分たちで。


IMG_2172





















玄関ホールの式台はヒノキ無垢の一枚板。
オーダーのヒノキの玄関収納と共に
ご家族と、お客様を迎えます。


IMG_2285














LDK。
大勢の人が一堂に集える空間です。
座卓は、Mさま邸の雰囲気とスペースにあわせ、
ヒノキ無垢板で製作。
脇のオープンシェルフ、奥のTVボードもオーダーで。

IMG_2185














キッチンに立つ奥様もLDの皆さんと集える空間。
キッチン左手奥の扉は階段下パントリー。
収納もたっぷりです。


IMG_2187














リビングの奥にはご主人の個室。

IMG_2214














キッチン横は奥様の家事室。

手前の家具はキッチンのカウンター収納。
キッチンの作業性がぐんと上がりますね。


IMG_2212





















家事室の作り付けのデスク。
ミシンやアイロン掛けもここで。

Mさま邸は、
 リビング
 ダイニング
 ご主人の個室
 奥様の家事室
それぞれにガス温水床暖房を敷設しました。

ほんわりと快適な暖かさが、床から空間すべてに広がっています。


 ※M様のご好意で、床暖房体験会を開催させて頂きました!
   「快適さを実感♪」のお話は…
     M様のおうちで桧の床暖房を体験!(1)
     M様のおうちで桧の床暖房を体験!(2)
  をご覧下さい。


100_5565



















1階 洗面脱衣室です。
右側に浴室、左にトイレ。

100_5563



















壁の厚みを利用した収納棚を。


100_5561



















システムバス。
手すりを各所に、安全性を配慮。


100_5560



















トイレ。
コンパクトに収納も備え付けて。


IMG_2173














2階へ。

IMG_2232















IMG_2221














二間続きの和室。

IMG_2226














奥の6帖間には仏間・床の間、板の間を。
板の間は杉の浮造り(うづくり)仕上げ材。

s-100_5688-2



















床の間は、希少な肥松(こえまつ)無垢の一枚板。

IMG_2255





















ウォーク イン クローゼット。

s-100_5673



















2階ホールの洗面化粧台。便利です。


いつお伺いしても、素敵な笑顔でお迎え下さるM様ご夫妻です。
M様ご夫妻
M様ご夫妻



















M様ご夫妻の、家づくりへの思い、住まわれてみてのお話などを、
【家づくり体験記】でご紹介しています。
 ヒノキの新築(連載-1)
 ヒノキの新築(連載-2)
どうぞご覧下さいませ。


s-100_5530








家族を育む家・・・神戸市U様邸:新築

s-12

場所:神戸市垂水区
家族構成:夫婦・子供1人
敷地面積:148.84㎡
延床面積:116.94㎡
竣工:2009年8

住宅展示場のハウスメーカーの家を見学して、
お友達のお宅で自然素材とヒノキの家も体感してみて
木の家を気に入られたUさまが 
ライフデザインマップのモニターを希望され
エコルームにご相談にみえたのは2008年8月のことでした。

すでに土地探しを始めていらっしゃいましたので
平行して、ライフデザインマップを活用した
わが家のコンセプトづくりからスタート。

家への想いを言葉や、ビジョンマップで表現し
現在お住まいの家を見直す作業を進め
それらをもとに、土地決定の為のプランをご提案。

とても気に入ってくださったファーストプランをもとに
打合せを重ね、収納プラン、オーダーキッチン等
細部にもこだり決定していきました。

家で過ごす時間の中で
視覚的な拡がりがとても大切なエッセンスだった奥様。
ご主人がお家でリラックスされるポイントは
たたみでゴロゴロ。
五感で感じるコアな感覚を反映した空間計画を行いました。

U邸 (1)





















リビングから続くテラス。外と内が交わる空間の設え。
素焼き風のタイル。

U邸 (2)














タイルからヒノキのフローリングへ。
右手に見えるのは和室のたたみ。
中央には桧の大黒柱。FSCの森から。

リビングには沢山の本が納まる造り付の本棚を。
奥に見えるダイニング横には飾り棚を。
こちらは、小学校に入学される息子様の物の整理スペースも兼ねて。
上は吹き抜け。明るく、落ち着く場所です。

U邸 (3)














土地に合わせた建物計画を行い、リビングには天窓を。

U邸 (4)














ダイニングから、リビング・キッチンを臨んで。
左手は2階への階段。


U邸 (5)














和室。
陰影を愉しむ照明計画を。


U邸 (6)





















こちらは洗面。Uさまこだわりのオリジナル。
ヒノキ製の洗面化粧台に、陶器のボール。
カウンターにはタイルを。
洗面横と背面には埋め込み式の収納を設置し
収納力もしっかり。


U邸 (7)














こちらはキッチン。ヒノキ製オリジナル。
手前は食器洗浄器。その横は引き戸になっています。
引き出しに仕舞ったふきんからはヒノキのいい香りがするそうです。
壁はタイルと珪藻土を組み合わせて。
背面収納(右)は既成のキッチンカウンターにヒノキをあしらい
オリジナルキッチンとコーディネート。

正面の大きな引き戸はキッチンクローゼット。
隠れていますが、さらに左手には
玄関につながり双方からアクセスできる収納スペースがあります。

U邸 (8)





















ダイニングの上の吹抜け。こちらにも天窓があります。
シーリングファンが空気を対流させ快適に。


s-12



U邸 (9)





















2階、廊下には広いカウンターテーブルを。
ご主人とお子様のワークスペース。


U邸 (10)























U邸 (11)














寝室。収納量たっぷりのクローゼット。
天井まである引き戸で有効活用を。小物も収納もしやすく。

s-27

個室。左手の窓は吹き抜け部分と繋がり、階下とのコミュニケーションも。



吹き抜けのダイニングは
Uさまのお宅の中の、とっておきの空間
そこに座る時間、食べる時間、語る時間は

本当にここちよくて・・・
「ここは気持ちいいですね~」と、いう言葉が
からだの中から自然に出てきます。

『ご飯を食べる時間が変わりました・・・
 ご飯をつくって出すことも気持ちよくできて・・・』と

以前は、休みは家にいないことがほとんどで
家でご飯を作るのがいやで外食を・・・ということもあったそうですが
今はキッチンに立つ時間も愉しみなご様子。

そして、もっと、もっと家族が心地よく暮らすことの
ベースづくりが今のテーマ、そう仰ったのが印象的でした。

         works03-09