ようこそ!杉の玄関収納&使いやすい洗面・トイレ・浴室~神戸市W様邸:戸建リフォーム~


100_9515























【出会い】
自然素材を使ったインテリアのW様邸。
その雰囲気、こだわりにあったリフォームをしたいと来社されました。


●場所:神戸市垂水区
 家族構成:夫婦・子供2人
 改装面積:約8㎡
 竣工:2011年5月


【ご要望】
●浴室・洗面・トイレ機器を新しく
●洗面脱衣室を使いやすくしたい
  ・横に長い空間
  ・収納不足
  ・埋込収納が使いづらい
  ・洗面化粧台を広くしたい
●トイレ奥に階段下収納をとりたい
●玄関が暗い、靴が片付かない
  ・玄関ドアの新替
  ・玄関収納をオーダーで製作
●門扉・カーゲートなどを新しく  …等でした。


【図面:Before&After】
Before            
   《Before》

After

   《After》




【工事前の様子】

Before
Before
Before
Before



 

Before
Before





【完成】

100_9514
オーダーの玄関収納です。

W様邸の床や建具に合わせ、玄関収納もすべて杉でつくりました。

背の高いキャビネットの天板~側面、低い方の天板(カウンター)は、
杉の特徴である中心部は濃く周辺部は薄い色合いを活かしデザインされています。

土間部分は宙に浮くようにプラン。
普段履きやまだ収納したくないものを置いておけるスペースになります。





DSCN4006-2
収納内部です。

棚板には竹酢液を塗装してあります。
抗菌作用がありまた汚れも目立ちません。

ちなみに
・一番右側は傘収納
・棚板はすべて上下に可動OK
・幅の広い棚板は3列共すべて同サイズ
・高い方、低い方の間の縦枠は高い方の枠だけ見えるように。
など…オーダーなので細部にもこだわりました。



100_9517
圧迫感がないよう、高い方のキャビネットの高さは建具に合せ、
幅も、玄関でイメージしていただきながら決めました。


玄関から臨むとこんな感じです。
カウンター上にWelcomeなGoodsも飾られ、
正面に開けられたニッチともあいまって
W様らしい素敵な玄関になりました。















100_9515
玄関ドアも新しくしました。

室内の杉の建具に合せ、
縦のラインがすっきりとした
採光もたっぷりのデザインに。

玄関収納ともよく合っています。
















100_9509-2
外から見るとこんな感じです。
木目調とメタリックのモダンなデザイン。





















100_9521
洗面脱衣室です。

動線を考慮し、レイアウトを変更。
洗面コーナーと、洗濯・脱衣コーナーに
分けました。

洗面化粧台の手前側は、
タオル類など全てを収納する
家具を置くスペースをとりました。















100_9520
浴室側から臨んでます。
手前が脱衣スペース。






















100_9525
洗面化粧台は幅90㎝のゆったりサイズ。
鏡は左右にスライドできます。
2人が同時に使えるよう、化粧台の横にも
コンセントを設けました。

足元には体重計収納の引出付です。


















100_9528
浴室のドア位置を変更し、
以前の埋込収納は、洗濯機がピッタリ納まるスペースに。

上部には棚を2段取付け。
洗剤やカゴを置け、サッと取れるようにしました。



















100_9454
システムバスも新しく。


















100_9532-2
トイレの入口を開き戸から引戸に変更しました。
開き代が要らないので、動線がスムーズです。





















100_9449
トイレも一新。
節水タイプです。

奥の扉を開けると…




















100_9523-2
階段下収納です。
棚を3段設けました。
ストックなどがたっぷり収納できます。





















100_9497-2
エクステリアも新しく。
木製のフェンスに合せ、
門扉や門柱をウッディーなデザインに。
カーゲートはワンちゃんが通リ抜けできないタイプです。















1.玄関 (6)-2










奥様から、洗面化粧台も大きくなったし、家具も置いたのに、
洗面が広く感じます。と嬉しいお言葉を頂きました~♪

二人で過ごす時間、ひとりで過ごす場所 ~神戸市垂水区K様邸:増改築

s-2004_1001画像0004-3

 






















【出会い】
他社でプランが進んでいましたが、お客様のご紹介で、来社されました。


●場所:神戸市垂水区
 家族構成:夫婦
 増築面積:約15.0㎡
 改装面積:約19.9㎡
 竣工:2004年9月


【ご要望】
●庭に増築をして、LDKを新しくしたい
●スッキリとお洒落なLDKに
●キッチンを広く、使い勝手よくしたい
●お洒落に、ゆったり、くつろげるリビングに  …等でした。


【図面:Before&After&プラン図】

K様邸は、枠組壁工法:2×4(ツーバイフォー)の家。
耐力壁が家を支える工法のため、「抜くことの出来ない壁」があります。
増築前の間取図、検討したプラン、決定プランをあわせてご紹介します。

 

K邸・Before





《Before》
南北に長いLDKです。
①窓の部分は撤去可能、抜くことが出来る部分。
②壁(窓と窓の間)は抜けません。























プラン図面①

 



《プラン①》
K様がお持ちだったプラン。
キッチンを増築するプランです。
















プラン図面②




《プラン②》
リビングを増築する
ご希望にそって
検討した6通りの案。
・家事効率
・使い勝手
・勝手口
などをじっくり検討。








 

邸・After

《After》
リビングと合わせ、キッチンスペースも増築するプランをご提案。
キッチンスペースには、勝手口と土間スペースを増築。
わずか1坪ですが、増床効果はそれ以上です。
半独立のカウンターキッチンとなり、動線、収納など
独立キッチンの作業効率、使い勝手のよさと、
ダイニングにつながる利便性を兼ね備えました。
リビングには間仕切戸を設け、閉めて独立したスペース




【工事前の様子】

Before
Before
リビング
Before

 

Before
Before
Before
Before


 

外観
Before





【工事中の様子】

施工中
施工中
施工中
施工中

 

施工中
施工中
s-DSC02452
施工中

 

施工中
施工中
施工中
施工中





【完成】

s-DK-2-S
ダイニングから臨むキッチン。
キッチンの作業スペースを、ほどよく目隠し。
腰壁とカウンターはヒノキを使って。











s-Kカウンター2-Ss-Kカウンター-S
廊下側からもヒノキのカウンターが、キッチンを素敵に目隠し。













s-SKシステムキッチンです。
コンロ前の壁は、ニオイや油などの飛散を防ぎます。

シンク上は電動昇降タイプの水切り棚。



















s-2004_1001画像0017-2






















s-腰カウンター-2ダイニングには奥行の浅いカウンターを。
絵や写真、小物などを飾る場所に。
インテリア性と実用性を兼ねて。




















s-LDキッチンから臨むダイニング。

















s-増~既リビングから臨むダイニング。























s-間仕切戸・閉-Sリビング入口の間仕切戸を閉めた様子。
















s-間仕切戸・開-2間仕切戸は壁に引き込め
開口部はフルオープンになります。




















s-リビング2-2リビングにもヒノキの腰板を。
壁はウッドチップ入り紙クロス。
自然素材に包まれています。





















s-リビング-2ダイニングと一つながりにして使うことも、
リビングだけ独立して使うことも出来る
寛ぎ空間になりました。

 

ふたりで一緒に過ごしたり
気配を感じながら
ひとりの時間を愉しんだり
これからのふたり暮らしを
心地よく。











s-外観-S増築部外観です。
雨戸はブラインドのように開閉し、
通風できるタイプです。























これからのふたり暮らしをここで・・・神戸市M様邸:新築【施工例】

IMG_2287














場所:神戸市垂水区
家族構成:夫婦
敷地面積:148.29㎡
延床面積:104.33㎡
竣工:2009年9月

1
1階平面図

2階平面図
2階平面図



100_5702





















お友達やご家族、いつの間にか人が集まるお家。
Mさまご夫婦のお人柄ですね。

そして、もちろん新しいお家にも
皆が集まって過ごす時間を楽しみたい、と希望されました。

ご主人が過ごされる時間
奥様が過ごされる時間
ご夫婦で過ごす時間
皆で過ごす時間

それぞれに過ごす時間と、ご夫婦の暮らしに添った間取の
注文住宅です。

IMG_2141














ご夫婦一緒に、景観園芸学校に通いガーデニングを学ばれたMさま。
お庭の植栽プランはこれから自分たちで。


IMG_2172





















玄関ホールの式台はヒノキ無垢の一枚板。
オーダーのヒノキの玄関収納と共に
ご家族と、お客様を迎えます。


IMG_2285














LDK。
大勢の人が一堂に集える空間です。
座卓は、Mさま邸の雰囲気とスペースにあわせ、
ヒノキ無垢板で製作。
脇のオープンシェルフ、奥のTVボードもオーダーで。

IMG_2185














キッチンに立つ奥様もLDの皆さんと集える空間。
キッチン左手奥の扉は階段下パントリー。
収納もたっぷりです。


IMG_2187














リビングの奥にはご主人の個室。

IMG_2214














キッチン横は奥様の家事室。

手前の家具はキッチンのカウンター収納。
キッチンの作業性がぐんと上がりますね。


IMG_2212





















家事室の作り付けのデスク。
ミシンやアイロン掛けもここで。

Mさま邸は、
 リビング
 ダイニング
 ご主人の個室
 奥様の家事室
それぞれにガス温水床暖房を敷設しました。

ほんわりと快適な暖かさが、床から空間すべてに広がっています。


 ※M様のご好意で、床暖房体験会を開催させて頂きました!
   「快適さを実感♪」のお話は…
     M様のおうちで桧の床暖房を体験!(1)
     M様のおうちで桧の床暖房を体験!(2)
  をご覧下さい。


100_5565



















1階 洗面脱衣室です。
右側に浴室、左にトイレ。

100_5563



















壁の厚みを利用した収納棚を。


100_5561



















システムバス。
手すりを各所に、安全性を配慮。


100_5560



















トイレ。
コンパクトに収納も備え付けて。


IMG_2173














2階へ。

IMG_2232















IMG_2221














二間続きの和室。

IMG_2226














奥の6帖間には仏間・床の間、板の間を。
板の間は杉の浮造り(うづくり)仕上げ材。

s-100_5688-2



















床の間は、希少な肥松(こえまつ)無垢の一枚板。

IMG_2255





















ウォーク イン クローゼット。

s-100_5673



















2階ホールの洗面化粧台。便利です。


いつお伺いしても、素敵な笑顔でお迎え下さるM様ご夫妻です。
M様ご夫妻
M様ご夫妻



















M様ご夫妻の、家づくりへの思い、住まわれてみてのお話などを、
【家づくり体験記】でご紹介しています。
 ヒノキの新築(連載-1)
 ヒノキの新築(連載-2)
どうぞご覧下さいませ。


s-100_5530








築55年この家が好き、今までもこれからも~神戸市Ⅰ様邸:戸建リフォーム~

100_7997






















【出会い】
くにけんのホームページをご覧になり、お問合せを頂きました。

●場所:神戸市東灘区
 改装面積:約16㎡
 竣工:2010年10月


【ご要望】
●ヒノキや珪藻土など自然素材を使ったリフォーム
●約3帖のキッチンを使いやすく
●L型で洗面も兼ねた浴室を暖かく快適に。
●デザインもオシャレにしたい


【図面:Before&After】

Before
Before
After
After























【完成】

ヒノキ、珪藻土など自然素材を使いI様のお家と家族への思い、こだわりを形にしたリフォームです。


キッチンキッチンです。
約3帖のスペースにL型のレイアウトで。
メーカーのシステムキッチンと
オーダーキッチンをじっくり検討した結果
ヒノキでつくるオリジナルの
オーダーキッチンにされました。

 L型 間口1775×1480㎜
  カウンター奥行555㎜
スペースを有効に使うため、既成にはない
I様邸にあわせたサイズで。

扉の面材のみならず、内部もすべて
ヒノキ材で作られています。



コンロ横の引出。
柾目の美しさが際立つデザイン。
スパイスなどをしっかり収納し使いやすく。









コーナー収納。
収納する物にあわせ、棚板を2段に。
右上は引き出しになっており
これは、かなり手の込んだ造りになっています!
オリジナルオーダーだからこその
究極の贅沢ですね。
キッチンツール類の収納に。





100_8027シンク下の深型の引き出し。
調味料などの瓶をたくさん収納できます。










キッチンの入り口キッチンから臨む、洗面脱衣室入口。
建具もヒノキ製のオリジナル。
レトロでかわいい雰囲気に合うデザインに。





















洗面台洗面脱衣室です。
以前は浴室内部にありました。
間取りを一新、独立しました。
左横は既存の窓に木枠をあしらい
カウンター風に。


















モザイクタイル
腰壁。
ヒノキの羽目板に
モザイクタイルをボーダーで。
水はね対策とデザインにこだわりました。
写真ではわかりにくいのですが
キッチンの前、出窓の部分にも
このモザイクタイルを1列あしらっています。






お風呂場浴室です。
広くて寒く、L型、変形だった空間を
リフォーム。
浴槽も足を伸ばして入浴できます。

タイルの色と柄、配置も
じっくり検討して決定しました。

















リビング
ダイニングからキッチンを。
床を敷居の高さにあわせ、バリアフリーに。




















共働きのご夫婦をサポート!パワフル充電タイムを~神戸市A様邸:マンション木の家リフォーム~


A様邸マンション
場所は‘華麗なる一族’の舞台でもあった
須磨離宮界隈にあります。

床をバリアフリーに
そして、ヒノキの床で仕上げてあります。

帰って来た時、
ホッとできる空間にしたい

というご要望を叶えたお部屋が完成しました。


100_1742
ダイニングには、
ヒノキの造作カウンターをオーダーメイドで
制作し、食器等の収納と
ご主人の本や書類を収納する書棚を兼ねています。

オープンでのびのびした空間を
求められたA様
お二人ともお仕事を持たれるバリバリの現役

これからの毎日
お仕事の後のほっ~とタイム
ヒノキの空間で充実されますように
そして
パワフル充電タイムに満たされますように
そんな気持ちとともに
お引渡しをさせていただきました。






100_1733

ダイニング、
テーブルからリビングを臨んだところです。

背面にはヒノキのカウンターがあります。

ダイニングテーブルは食事をする場所であり
寛ぎと団欒の場所。

そして書類を広げて作業をするのもこの場所。
そんな時、このテーブルで使う
様々なモノが、振り向けばそこにある・・・って
便利ですね!









100_1746

振り向けばそこにある>カウンター。




















100_1745

 扉をあけるとこんな感じです。
食器はもちろん
お仕事の書類等もこちらへ。
ワークスペースとしても使うダイニングテーブルでの作業を考慮して計画しました。

棚板は中にいれる物に合わせて
調整できます。
















Before
Before

 

After
After

 

場所:神戸市須磨区
家族構成:夫婦・子供2人
改装面積:約55㎡
竣工:2007年3月
                                                       2007.3.31


A様邸の家、リフォームへの想い、住んでみてのご感想をご紹介しています。
【家づくり体験記】マンションにもヒノキ♪…バリアフリーのゆったり快適空間~神戸市A様:マンションリフォーム

つくる・食べる・つながる! わが家のコアステーション~神戸市T様

100_6869-3


●場所:神戸市垂水区
改装面積:約10.2㎡
築13年 2×4工法
竣工2010年1月


【図面:Before&After】

Before
Before
After
After



【工事前の様子】

Before
Before
Before
Before

 

 

Before
Before
Before
Before



【ご要望】

何度かリフォームさせていただているT様のお宅のダイニングキッチンのリフォームです。
    
    和室のリフォームはこちら>
    【家づくり体験記】たたみとヒノキのきもちいい部屋~神戸市T様:戸建リフォーム

新しいキッチンのイメージは『お手入れがしやすく使いやすいキッチン』
ご主人は釣りが趣味で魚をさばくこともあり
よくキッチンにも立たれるので男性も使いやすいものにしたいとのことでした。

改装前のキッチンは引き出しがなく、とても不便だったため
『もの』ができるだけ外にでないよう収納力のあるキッチンにしたい。
ご夫婦2人共どちらかというと掃除も苦手なので片付けがしやすいキッチンを希望されました。


【完成】

100_6852
キッチンの収納を増やし、
ダイニング側から見た時の
目隠しも兼ねて間仕切り壁を設置。
ダイニング側はお気に入りの
ヒノキ材でコーディネイト。


















100_6839
引き出し収納をキッチン、背面カウンター共に
採用し収納量の充実を図りました。

カウンター部分は一部造作し
家電や配膳のスペースに。

食にこだわられ自宅で精米もされるので、
一連の作業がしやすい配置を行いました。















100_6847

キッチン正面の窓は・・・


ご近所の視線は遮りたい。
自然の中に居るのが好きなので
キッチンに居ながら空が見え光や風を
感じられるようになれば・・・


というご希望に応え
横すべりだし窓とFIX窓をオーダーしました。













100_6811-3

ご自宅でお仕事をされる奥様の書類や
FAX、関連書籍などを

まとめて収納できるスペースを
システム収納とヒノキ材を組み合わせ
オリジナルで制作しました。

オーダーなのでサイズも間口にピッタリです。
















100_6871-2


ダイニングテーブルもスペースに合わせて制作、
仕事場としての機能も整えました。


















【T様より】

今まで外に出ていたモノが全部しまえ、
本当に使いやすく片付けやすいキッチンになりました。
こだわった窓もとても快適です。
私たち家族にあったダイニングキッチンになりました。

家族を育む家・・・神戸市U様邸:新築

s-12

場所:神戸市垂水区
家族構成:夫婦・子供1人
敷地面積:148.84㎡
延床面積:116.94㎡
竣工:2009年8

住宅展示場のハウスメーカーの家を見学して、
お友達のお宅で自然素材とヒノキの家も体感してみて
木の家を気に入られたUさまが 
ライフデザインマップのモニターを希望され
エコルームにご相談にみえたのは2008年8月のことでした。

すでに土地探しを始めていらっしゃいましたので
平行して、ライフデザインマップを活用した
わが家のコンセプトづくりからスタート。

家への想いを言葉や、ビジョンマップで表現し
現在お住まいの家を見直す作業を進め
それらをもとに、土地決定の為のプランをご提案。

とても気に入ってくださったファーストプランをもとに
打合せを重ね、収納プラン、オーダーキッチン等
細部にもこだり決定していきました。

家で過ごす時間の中で
視覚的な拡がりがとても大切なエッセンスだった奥様。
ご主人がお家でリラックスされるポイントは
たたみでゴロゴロ。
五感で感じるコアな感覚を反映した空間計画を行いました。

U邸 (1)





















リビングから続くテラス。外と内が交わる空間の設え。
素焼き風のタイル。

U邸 (2)














タイルからヒノキのフローリングへ。
右手に見えるのは和室のたたみ。
中央には桧の大黒柱。FSCの森から。

リビングには沢山の本が納まる造り付の本棚を。
奥に見えるダイニング横には飾り棚を。
こちらは、小学校に入学される息子様の物の整理スペースも兼ねて。
上は吹き抜け。明るく、落ち着く場所です。

U邸 (3)














土地に合わせた建物計画を行い、リビングには天窓を。

U邸 (4)














ダイニングから、リビング・キッチンを臨んで。
左手は2階への階段。


U邸 (5)














和室。
陰影を愉しむ照明計画を。


U邸 (6)





















こちらは洗面。Uさまこだわりのオリジナル。
ヒノキ製の洗面化粧台に、陶器のボール。
カウンターにはタイルを。
洗面横と背面には埋め込み式の収納を設置し
収納力もしっかり。


U邸 (7)














こちらはキッチン。ヒノキ製オリジナル。
手前は食器洗浄器。その横は引き戸になっています。
引き出しに仕舞ったふきんからはヒノキのいい香りがするそうです。
壁はタイルと珪藻土を組み合わせて。
背面収納(右)は既成のキッチンカウンターにヒノキをあしらい
オリジナルキッチンとコーディネート。

正面の大きな引き戸はキッチンクローゼット。
隠れていますが、さらに左手には
玄関につながり双方からアクセスできる収納スペースがあります。

U邸 (8)





















ダイニングの上の吹抜け。こちらにも天窓があります。
シーリングファンが空気を対流させ快適に。


s-12



U邸 (9)





















2階、廊下には広いカウンターテーブルを。
ご主人とお子様のワークスペース。


U邸 (10)























U邸 (11)














寝室。収納量たっぷりのクローゼット。
天井まである引き戸で有効活用を。小物も収納もしやすく。

s-27

個室。左手の窓は吹き抜け部分と繋がり、階下とのコミュニケーションも。



吹き抜けのダイニングは
Uさまのお宅の中の、とっておきの空間
そこに座る時間、食べる時間、語る時間は

本当にここちよくて・・・
「ここは気持ちいいですね~」と、いう言葉が
からだの中から自然に出てきます。

『ご飯を食べる時間が変わりました・・・
 ご飯をつくって出すことも気持ちよくできて・・・』と

以前は、休みは家にいないことがほとんどで
家でご飯を作るのがいやで外食を・・・ということもあったそうですが
今はキッチンに立つ時間も愉しみなご様子。

そして、もっと、もっと家族が心地よく暮らすことの
ベースづくりが今のテーマ、そう仰ったのが印象的でした。

         works03-09



















マンション木の家リフォーム~わが家のリフォーム物語~

わが家は神戸市にあるマンション。(やはぎ自宅)
入居したのは1999年12月、図面は当時のものです。
 P 社長宅:1999.12入居①
2000年6月息子誕生。
そして、息子が1歳を迎える頃、リフォーム魂が、メラメラと・・・

1999年紀州のヒノキに出会い くにけんでは
ヒノキ体感Roomエコルームをオープンしました。

エコルームで体感できるものの、やはり実際に
暮らしの中で使ってみたいという気もちがありました。
そこへ、子育てを脳科学から見る!
という決定的情報を得たのです!
日経新聞に、北海道大学 沢口俊之教授が書かれた記事。
私のこころはぐぐっと強力にわしづかみ!にされたのです。

sinbnkiji

 

~以下記事より抜粋~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 脳が急速に発達する時の子育ては
 充分すぎるほど大切にすべきである。
 脳の神経細胞(ニューロン)は、生後一年でほぼ半減してしまうが
 ニューロンが作る回路はその後も発達し続け、三歳ほどでピークに。

 生後から3歳位の間は、神経回路が最も急速かつ豊かに発達
 する期間であり、この期間での環境は重要。
 とくに「栄養」が大切。
この「栄養」には二つの意味があり
一つは、食べ物からの栄養、そして環境からの「栄養」、つまり豊かな環境・複雑な刺激が必須である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうします、どうします!
こんなこと知ってしまったら・・・
そうなのね、そうなのね!と、気持ちは一直線。

手のひらや足のうらで、触れ感じる環境からの刺激が
いかに大切か、ということがあります。
もちろん、それは私たち大人にも大切。

そして、なんと、生後から3歳位までは、脳の発達に大きく
関わるというでは、ありませんか。
息子1歳、今だ~! という訳で、ヒノキを我が家に!
リフォームのはじまり、はじまり~。 2001年の夏のことです。

工事前の住まいの様子

02-2 s-03-2

床はマンション用木質フロアー・壁、天井はビニールクロス仕上げ。
テレビとオーディオの前は、引越しで使ったダンボールで息子をガードしていました。


そして、リフォーム

 P 社長宅:2001夏冬②
  
1)部屋の中心に大黒柱を
  2)床の一部にヒノキのスペースを・・・
  3)天井には、杉の準不燃の板を・・・
  4)LDKの壁をケイソウド塗りに・・・
  5)キッチンとダイニングの間にオーダー家具を
  6)冷蔵庫の横にヒノキの間仕切りパネルを
  7)リビングにヒノキのパネルを・・・  
   それぞれ、設置、施工しました。

rifo1rifo2

2001-2syoshi-hinoki-nozoite

それから、何度か模様替えをし部屋の使い方をアレンジしてみて
2004年の冬に、再度小さなリフォームを。

DSC03508-2

DSC03520

DSC03522

DSC03535