文字サイズ中大

家を楽しむ情報

秋の恵みをお部屋に

つるべ落しの秋の頃となりました。
散歩の途中や空き地で見つける紫色の実ものやあけびのつる・・・
枯れ落ちた木の枝が秋の気配を運んでくれます。
ここ数年 毎年その色や形に心惹かれ自然の神様に感謝し
つい手に取ってしまう。

花屋では、華麗に咲き誇るバラやユリよりも
今しか手に入らない!サンキライやツルマキ梅もどきがお気に入り!
可憐な赤い実は、一年を通して楽しませてくれます。

この季節はなぜか?主役よりも脇役に心惹かれてしまう。
秋の小さな自然の恵みを気楽に暮らしの中い取り入れてみませんか?

s-20-3 P1010543

  
拾い集めたつるや実ものを風通しの
よい所で2週間程乾燥させ、
つると実だけにし、後はつるの特性を
生かして自由にアレンジする。
ポイントにサンキライを添える。

s-20-3 P1010540

 

和室のしつらえに!反物の布地を掛け軸風にアレンジしツルマキ梅もどきのつるを這わせる。
右側は大きいカゴにユニークな枝ぶりの木を無造作に投げ入れる。
動きが出て意外と面白い!

 
  
                                                                                                                        

(文と写真: 村田  朋子)

初出:情報誌Wing vol.20 株式会社くにけん発行


2004.11.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ