文字サイズ中大

家を楽しむ情報

目にやさしいインテリア

57225214目にやさしいインテリアと聞いて、どんなイメージをもたれますか?
・・・意識して感じることは少ないのですが・・・
日常的な生活の中で、グレア(眩しさ)が少ない方が、目にやさしい環境といえます。
床や壁は、特に意識して見る場所ではありませんが選ぶ素材によって、
目への負担を軽減することができます。

そこにあたる光の反射を、目は絶えず受けとっています。
反射する光が目へ与える負担が少ない方が 目はストレスを感じません。
自然素材である、木や土、紙などの素材は、表面が均一ではなく
そのため、強い反射を生まないので、グレア(眩しさ)を軽減してくれます。

自然素材は身体にやさしい・・・というイメージをもたれると思いますが
こんな風に、木や土、紙を生かしたインテリアを住まいに取り入れることで、目へのストレスの少ない、目にやさしい環境を整えていくこともできるのです。

                                   やはぎ のりこ

               初出:情報誌Wing vo.l17 株式会社くにけん発行


2004.03.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ