文字サイズ中大

家を楽しむ情報

明かりを楽しむ工夫

dv619027夜が長い季節がやってきました。室内で過ごす時間も長くなりますね。
あなたの寛ぎの空間に影はありますか?

レストランの食卓に灯されたキャンドル、ホテルの部屋の照明、落ち着いて、
くつろいだ気分になれるのは何故でしょう?

明かりが一つではないこと、白熱灯が使われていること。
照らされる部分と影になる部分が生まれ、そのハーモニーが、
寛ぎ感を醸し出します。

また、白熱灯のあたたかい色は、気持ちをリラックスさせ、
食事も美味しく感じさせてくれます。
残念ながら、我家の寛ぎ空間は蛍光灯一灯だわ、という方もあきらめないで・・・

お休み前のひととき、スタンドの明かりで過ごす時間を持つ
(安眠効果もありますよ)・・・
など、ちょっとした工夫で明かりを楽しんでみませんか。
                                     文: やはぎ のりこ

                     初出:情報誌Wing vol.16株式会社くにけん発行


2003.11.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ