文字サイズ中大

住まいとインテリア実例集

HOME » 補助・助成 » リフォーム減税③と補助金 耐震リフォームくにけん
リフォーム減税③と補助金 耐震リフォーム

無料 耐震

補助金申請の流れ(設計・工事とも)
補助金申請の流れ(設計・工事とも) 〈神戸市のご案内より〉














耐震改修補助と構造評点
評点と耐震性、補助タイプについて 〈神戸市のご案内より〉



①耐震診断で、今の建物(改修前)の
上部構造評点(左図:評点)がでます。

その評点で、現状の耐震性がわかり、
例えば0.7以下の場合、
「倒壊する可能性が高い」住宅となります。

その改修前の評点が、改修後何点になるかで、
②耐震改修補助のタイプが
〔一般型〕 〔部分改修型〕 〔小規模型〕
に分かれます。



詳しくまとめたご案内はこちら。

神戸市以外の兵庫県の方はこちら。







■減税について

減税は、所得税(投資型)固定資産税があり、
現行の耐震基準に適合(上部構造評点1.0相当以上)する耐震改修であることが、工事の要件です。

所得税の減税は、昭和56年5月31日以前に建築された住宅
固定資産税の減税は、昭和57年1月1日以前から所在する住宅、が対象。

その他、詳しくはこちら  ↓
 所得税(投資型)
 固定資産税


■融資の利子補給について

金融機関の融資を利用される場合は、兵庫県から1%(5年間)の利子補給が受けられます。
耐震改修と同時に行うリ住宅リフォーム工事費も対象にできます。

南海・東南海地震について 神戸市HPより
南海・東南海地震について 神戸市HPより
















(吉田 静代)


2014.07.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ