文字サイズ中大

家を楽しむ情報

HOME » 家づくり体験記&お客様の声, 家を愉しむ情報 » 【家づくり体験記】夫婦の最初の出発点にもどる家~神戸市H様:新築くにけん
【家づくり体験記】夫婦の最初の出発点にもどる家~神戸市H様:新築

垂水区 H邸奥様の取材から・・・

ご家族はご夫婦と今春大学入学のお嬢さん、息子さんの4人。s-App0007
奥さまは、保育士として6年間活躍、結婚退職して10年専業
主婦に。
お子さんの小学校入学を機に子育ては半分終了と、保育士
として復帰したキャリアウーマン。
暮らしの積重ねから生まれた素敵な言葉をいただきました。

子育ての最中、お嬢さんが入園した幼稚園で、モンテッソーリ
教育※や有機野菜に興味をもつ父兄たちとの交流を通じて、
既製品では味わえないモノや、その良さを知りました。

有機野菜の共同購入グループ『菜のはなの会』会員になって、
15年。
入会当時は、まだ野菜の安全性などに関心を寄せる人は少
なく、最初は、味の違いも感じなかった。
かなりたってから、久しぶりに店頭で買った野菜を食べて、
その違いに驚いたとか。

土がついたままの有機野菜は、洗いや調理に手間がかかる。
けれど、旬の野菜のおいしさは格別で、季節を運んでくれる。
心地よく安心して暮らすには、手間をかけることを学びました。

社宅からマンションに引越して、子供たちも大きくなり手狭に
なった。
今度は一戸建にしたいけれど、注文住宅は無理とアキラメて、App0004
中古住宅をリフォームするつもりで、ハウスメーカーの展示場
やオープンハウスをまわったけれど、欲しい家がみつかり
ません。

そんなある日、ご主人の友だちが家を建て仲良しの情報から、
「注文住宅ってできるんだな。」と家づくりに実感がわいた。
ちょうど金利が低くなり、ご主人のローンを組むのもラスト
チャンスの年齢でした。

それから14ヶ月。まず土地を買うことで一苦労。家づくりを
経験してみて、ハウスメーカーの既製品を買う便利さを知った
けれど、やはり家は既製品にしたくはない。
菜のはなの会を通じてくにけんを知り、Wingを読み、
『エコルーム』を訪問してすぐに、ここで建てようと決心。
家づくりの手間を半分肩代わりしてもらい、ラクになりました。

もうすぐ子供たちが独立したら二人で楽しく住みたい。
子供とは二次的なもの、やはり夫婦が基本だと思う。
この家は、私たち夫婦が最初の出発点にもどる家。
そのために手間をかけて、つくりました。

「お前が淋しくないように…」と、奥さまの実父のお墓が
見える土地を選んだのはご主人。App0003
日曜大工が好きなご主人のために、一戸建が欲しかった
奥さま。
これ以上のオノロケはないと伺いつつ、家づくりの一番

秘訣教えていただきました。

    文:住まいのお風呂物語サイト【洗いの殿堂】運営
                         おかきた’まり
      http://www.arainodendo.com/

※モンテッソーリ教育
イタリアの女性医学博士マリア・モンテッソーリが考案した、
子供の自立性を尊重する教育法



H邸のご自慢コーナーは…s-App0005-s2
  LDK(リビングダイニングキッチン)のカーテン

布地は有機木綿。色は生成。
2cm間隔で少し太めの手紡ぎ双糸が2本入る縦縞模様。
光に透けるとガラ紡糸※の微妙な太さ加減で、
空に浮かぶ雲のような陰影が所々に出来ている。
布の風合いと縦縞を活かして二山のひだを寝かせて叩き縫い。

普通のカーテンのようなひだの出っ張りが無い、全くのオリジナル。
艶消しのおしゃれなアイアンレールから下げられ、
LDKからデッキへ続く南壁面を大きく占める2つの掃出し窓を
飾っている。
吹抜けへの広がりもあり、白い壁に馴染みがいいのに、
すごい存在感がある。

   (文:吉田 静代)

 ※手紡ぎに一番近い、柔らかくふくらみのある糸。

 主な仕様
   外部 屋根/ガリバリウム鋼板葺
       外壁/弾性リシン吹きつけ
   内部 床/ひのきムク材(集成材)
       壁・天井/木片チップ入り紙クロス
       建具/ひのきムクFD
       木部/アウロWAX仕上げ


   場所:神戸市垂水区
   家族構成:ご夫婦・子供2人・ネコ1匹
   敷地面積:185.96㎡
   延床面積:104.18㎡
   竣工:2002年12月

   初出:情報誌Wing vol.13 2003年5月 株式会社くにけん発行


2010.03.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ