文字サイズ中大

住まいとインテリア実例集

HOME » 住宅設備 » 外装塗装の塗り替え時期についてくにけん
外装塗装の塗り替え時期について

outerwall01[1]_R








まず、この表をご覧下さい。↑
こんな症状が出たら黄色信号!です。

外装塗装の塗り替えの必要性を知るには塗料の役割を知る必要があります。

塗料の役割は大きく分けてつあります。

①建物の美観の維持・向上
   1つは言うまでもなく美観。建物をより美しく見せるために必要な要素です。
   色・つや・模様・肉厚感がポイントとなります。

②建物の保護・防水
   建物を劣化させる紫外線や風雨、塩分から守る働きをします。
   建物を長持ちさせる為に大きな役割です。

③機能性の付与
   汚れが付きにくい塗料・ひび割れに強い超弾性塗料・防カビ・防藻効果のある塗料・省エネ
   遮熱塗料など色々な機能性を加える事でさらに快適な住居が「塗装」によって実現できます。

05_item01[1]











(日本ペイント株式会社より)

※建物を長持ちさせるため、また塗替えに余分な費用を掛けないためにもチョーキング現象が発生した時点で塗り替えることをお薦めします。また、カビや藻・汚れは建物への緊急性はありませんが、美観的に塗替えの目安の一つです。

「塗料の目的・塗料の役割について」参考になりましたか?
塗料の種類も色々あります。

お悩みの方、一度くにけんまでご相談下さい。
お待ちしています。m(__)m



(井上 雅子)


2013.11.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ