文字サイズ中大

マンション木の家リフォーム

マンション木の家リフォーム

HOME » くにけん5つの仕事 » マンション木の家リフォーム神戸市垂水区・自然素材の家づくり&リフォーム【くにけん】桧(ヒノキ)を愛する工務店

マンション木の家リフォーム

マンションに大黒柱と木の温もりを いのち育むマンション木の家リフォーム

○ はじまり・・・
マンションに桧の大黒柱、何て素敵なの!

こころを動かされた一枚のリーフレット
そのリビングには、桧を張り巡らした腰壁と
存在感あふれる桧の大黒柱がありました。
大黒柱への郷愁の想いが呼び覚まされます。
お寺のお堂の黒く光った柱も
古い民家の堂々とした大黒柱も大好きです。

大黒柱から感じる郷愁の想い
それは、ずっと家を支えてきた力強さと
家族を見守り続ける存在としての
拠り所のような気持ちを感じるからでしょうか。


子供が成長していく過程でその背を柱に刻んでいきたい。
いつか微妙な年齢になった時、
こんなに小さかった自分が、着実に大きくなってきた記録が
リビングの片隅に刻まれていたら・・・
言葉に出来ない何かを、見守り続けた大黒柱が
伝えてくれるのではないかしら・・・そんな風にも思います。

2001年、子供が1歳を迎えた夏
マンションに暮らす我が家に大黒柱を建てました。
大黒柱に出会った彼は
そこで、いないいないばぁをしました。
2005年、5歳を迎えた夏・・・
大黒柱によじ登っています。
初めて背を刻んだ時から、30センチ余り成長しました。
4年で30センチ・・・
何も特別なことはできない母を
柱の傷は支えてくれるのですね。今日も元気でありがとう。

○ マンションに使用できる主な自然素材
木: 大黒柱をはじめ、無垢の木のフローリング、腰壁、天井、建具・・・インテリアに使用することができます。
床の防音性能は、マンションの管理規約にそって施工方法を検討し対応します。
天井にも使用できる不燃処理を施した内装材も開発されています。
塗り壁: 呼吸する素材として気密性の高いマンションに効果的な素材です。既存のクロスの上に施工できるものもあります。

○ マンションをリフォームする時に
リフォームできる範囲
マンションには専有部分というそれぞれのお宅が所有する部分と
共有部分と呼ばれる居住者が共同で所有する部分があります。
このうち個人でリフォームが可能なのは、専有部分です。

共有部分には、エントランス、ホール、階段などの部分があたります。
また、開口部である窓は共有部分にあたり、個人でリフォームすることが
できません。入り口のドアも同様です。ドアに関しては内側(住まい側)の
塗装をする・・・などは可能です。

マンションの構造により設備の配管も、専有部分に含まれるもの
共有部分になるものがあります。
マンションの構造
マンションには大きくわけて二つの構造があります
壁式構造とラーメン構造です。
●壁式構造の場合
壁式構造とは、壁の一部がRC(鉄筋コンクリート)造となっているものです。
壁の厚みがあり、たたくとコンクリートの手ごたえがある壁があります。
この壁は構造体として建物を支えている壁ですので撤去することができません。

壁式構造の壁の中でも、厚みが10センチ程度で木軸(木の柱をたて壁をつくる)
であれば、取り払ったり、新しく壁を作ったりすることができます。
●ラーメン構造の場合
ラーメン構造とは、柱型や梁がある構造の建物です。
間仕切り壁(部屋と部屋の仕切り)は木軸で作られていることがほとんどです。
この壁は、取り払ったり新しく作ったりすることが可能です。

リノベーション スケルトンリフォームと呼ばれるように
構造躯体以外を全て取り払って専有部分全体を間取りも含めて変える
リフォームすることも可能です。
設備の配管と配線、容量とキッチン、浴室などの水周りの移動
電気、水道、ガス等設備の配管も、共有部分にあたる部分、専有部分にあたる
部分によって工事可能な範囲が決まります。
マンション全体の各設備の容量、配管の大きさなどの影響も受けます。
水周りの移動も制約はありますが、構造により可能なケースも色々あります。

管理規約
マンションリフォームは各マンションの管理組合の管理規約に基づいて
行う必要があります。床の防音性能に関する基準や工事に際する取り決めや合意
事項に関するもの、近隣の住戸、管理組合の承認が必要となる場合もあります。
事前にお住まいのマンションの管理規約をよく調べておきます。
又、管理組合にマンション全体の図面が保管されていますので
必要に応じて事前に確認します。

○ 中古マンション購入サポート
中古マンションを購入しリフォームして住むという選択が
様々な面から考えてベスト!ということがあります。
マンション購入は不動産業者を通して行うことになります。

自分たちの望む住まいがハッキリ描けると
どんなマンションがそれに相応しいか選びやすくなります。
どこまでリフォームが可能かという、それぞれのマンションの可能性が
判断できることも、望む住まいを実現する大きな要因です。

中古マンションを購入し、リフォームしてマイホームをとお考えの方へ
くにけんでは、住まいのプロの視点から購入をサポートするサービスを
提供しています。


その他マンションリフォームの事例は下記のページへ
お客様のお家紹介
マンション木の家リフォームはこちら»


« リ・スタイル桧 / 5つの仕事に戻る / 家をいつくしむ»


▲このページの先頭へ