文字サイズ中大

HOME » お客様のお家紹介, マンション木の家リフォーム » マンション木の家リフォーム~わが家のリフォーム物語~神戸市垂水区・自然素材の家づくり&リフォーム【くにけん】桧(ヒノキ)を愛する工務店
マンション木の家リフォーム~わが家のリフォーム物語~
お客様のお家紹介

わが家は神戸市にあるマンション。(やはぎ自宅)
入居したのは1999年12月、図面は当時のものです。
 P 社長宅:1999.12入居①
2000年6月息子誕生。
そして、息子が1歳を迎える頃、リフォーム魂が、メラメラと・・・

1999年紀州のヒノキに出会い くにけんでは
ヒノキ体感Roomエコルームをオープンしました。

エコルームで体感できるものの、やはり実際に
暮らしの中で使ってみたいという気もちがありました。
そこへ、子育てを脳科学から見る!
という決定的情報を得たのです!
日経新聞に、北海道大学 沢口俊之教授が書かれた記事。
私のこころはぐぐっと強力にわしづかみ!にされたのです。

sinbnkiji

 

~以下記事より抜粋~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 脳が急速に発達する時の子育ては
 充分すぎるほど大切にすべきである。
 脳の神経細胞(ニューロン)は、生後一年でほぼ半減してしまうが
 ニューロンが作る回路はその後も発達し続け、三歳ほどでピークに。

 生後から3歳位の間は、神経回路が最も急速かつ豊かに発達
 する期間であり、この期間での環境は重要。
 とくに「栄養」が大切。
この「栄養」には二つの意味があり
一つは、食べ物からの栄養、そして環境からの「栄養」、つまり豊かな環境・複雑な刺激が必須である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうします、どうします!
こんなこと知ってしまったら・・・
そうなのね、そうなのね!と、気持ちは一直線。

手のひらや足のうらで、触れ感じる環境からの刺激が
いかに大切か、ということがあります。
もちろん、それは私たち大人にも大切。

そして、なんと、生後から3歳位までは、脳の発達に大きく
関わるというでは、ありませんか。
息子1歳、今だ~! という訳で、ヒノキを我が家に!
リフォームのはじまり、はじまり~。 2001年の夏のことです。

工事前の住まいの様子

02-2 s-03-2

床はマンション用木質フロアー・壁、天井はビニールクロス仕上げ。
テレビとオーディオの前は、引越しで使ったダンボールで息子をガードしていました。


そして、リフォーム

 P 社長宅:2001夏冬②
  
1)部屋の中心に大黒柱を
  2)床の一部にヒノキのスペースを・・・
  3)天井には、杉の準不燃の板を・・・
  4)LDKの壁をケイソウド塗りに・・・
  5)キッチンとダイニングの間にオーダー家具を
  6)冷蔵庫の横にヒノキの間仕切りパネルを
  7)リビングにヒノキのパネルを・・・  
   それぞれ、設置、施工しました。

rifo1rifo2

2001-2syoshi-hinoki-nozoite

それから、何度か模様替えをし部屋の使い方をアレンジしてみて
2004年の冬に、再度小さなリフォームを。

DSC03508-2

DSC03520

DSC03522

DSC03535


2005.03.01

コメントを残す

▲このページの先頭へ