実家に父が集め愛で使っていた茶碗(茶道の)が沢山あります。


淡い光が大正の時代にいざなう Q.実家に父が集め愛で使っていた茶碗(茶道の)が沢山あります。
父が慈しんでいたものなのでいずれ引き取りたいと思っています。
また、道具が入った風格のある家具もあり、
そちらも持ってくることができれば・・・と思いますが
自宅はマンションのため、インテリアに合うのか、
上手く収まるのかと思うと、
どうどうめぐりになって決められないのです。
どうすればいいですか?

A. 二つに分けて考えましょう。
まず、茶碗について・・・

お住まいのどこかに茶碗を愛でるコーナーを作りましょう。
そして、例えば四季に応じて、
その季節そこで愛でたいと思う器を飾るのはいかがでしょうか?
その他のものはまとめて収納しておき、
順次、飾るものと入れ替えていきます。

次に家具について・・・

まず、家具の寸法をはかり、写真をとりましょう。
次にシュミレーションします。
自宅に置くとどの位のボリュームになるか、
測った寸法をもとに自宅でそのサイズを感じて見ます。
次に、空間にマッチするだろうか?ですね。
自宅の置きたいと思う場所の写真をとります。
その写真に、家具の写真を合わせてみます。
ご実家で、家具を見ている時は、
自宅においた場面をイメージしにくい。
自宅では、家具がどんな風に納まるかイメージしにくい・・・
ということがあると思いますが、
このように写真にとって合わせてみてみましょう。
ずっと、メージがしやすくなります。  (回答:矢作 紀子)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です